円盤投げ・ボブスレー

夏冬五輪出場目指し 日下選手、ネットで資金集め /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
競技用の円盤を手に、夏冬五輪出場への意欲を語る日下選手
競技用の円盤を手に、夏冬五輪出場への意欲を語る日下選手

 ボブスレーで2018年平昌五輪、円盤投げで20年東京五輪出場を目指している日下望美選手(26)=小美玉スポーツクラブ所属=が、インターネットを使って資金を集める「クラウドファンディング」で支援を求めている。つくば市内で先月26日に記者会見を開き、「県出身者初の夏冬五輪出場を実現し、子供たちにスポーツの二刀流が可能なことを伝えたい」と協力を呼びかけた。

 日下選手は中学生のときに円盤投げを始め、現在は五輪強化指定選手。15年から本格的に始めたボブスレーでも日本代表に選ばれている。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集