メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/3 野菜家電や循環型水耕栽培 「育てる」欲求に応え /東京

野菜家電の「foop」を見る武澤さん=港区で

 「ちょっとかじってみますか?」。港区六本木のマンションの一室。出されたレタスをかじる。歯ごたえがある。取り立てだから当然だが、水分が豊富だ。日ごろ食べているスーパーで購入する野菜とは別の食品のよう。収穫から時間のたった野菜に慣れ過ぎているということだろうか。

 住人の武澤朋子さん(46)はダイニングルームにある筒を横倒しにしたような機械を指さした。「foop(フープ)」と呼ばれる野菜栽培専用の「野菜家電」。「この機械で1カ月ほどで栽培したもの。無農薬で安心して食べられますよ」。生産の全過程がガラス越しに確認できれば、そう考えるのも自然だ。

 foopは、台湾の「デルタ電子」傘下のベンチャー企業「アドトロンテクノロジー」が開発から販売まで手がける。2年前、さまざまな商品からの情報をインターネットで処理する製品開発を研究する中で「家で野菜ができたら面白いのでは?」と開発に乗り出した。男性技術者だけで試作したところ、電子レンジのような平凡なスタイルになり、外部のデザイン会社の協力で、ユニークな現在の形態にたどり着く。価格も5万円程度に抑え…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです