メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/4 湖沼「鳥屋野潟」開発 「湖底地」買い占め 複雑な「総有」状態で頓挫 /新潟

鳥屋野潟周辺住民の歴史を記した石碑の前で語る増井さん=新潟市中央区の鳥屋野潟で

 新潟市中央区のJR新潟駅から南に約2キロ、中心部にほど近い地域に広がる湖沼「鳥屋野潟」。面積は約193ヘクタールと、東京ドーム約41個分の広さを誇る。冬には4000羽ものハクチョウが飛来し、春には周囲に植えられた約2000本のサクラが咲き乱れる。豊かな自然に恵まれた鳥屋野潟にはかつて、埋め立て計画があった。信濃川河川敷と同様、ここも田中角栄元首相の「金脈問題」の舞台となっていた。

 「地価が数億円に跳ね上がる」「いずれ金になる」。1950年代後半、高度経済成長の波は県内にも押し寄…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです