メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元号の歴史

 古代中国の前漢の武帝が即位翌年(紀元前140年)を「建元」元年と定めたのが始まりとされる。帝王が暦を作って人民に示すことで治世を知らしめ、国家や国民統一を意識させる政治的な狙いがあった。日本では干支で年を数えていたが、孝徳天皇の大化の改新があった645年に中国にならって初めて「大化」の元…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです