メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

序章・日本人のカラダ/5 「近視ブーム」若者に猛威

目の検査をする木下望医師(左)=さいたま市浦和区の眼科クリニックで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 日本人と言えば眼鏡姿。世界からそんなふうに見られた時代もあった。今、目の良い人が周囲にどれだけいるだろうか。日本人の視力の実態は?

 ●室内生活の増加で

 2016年度の学校保健統計調査(速報)で「視力1・0未満」の割合は、現在の統計の取り方を始めた1979年以降、小中学校、高校ともに過去最悪となった。幼稚園は27・94%(79年比11・47ポイント上昇)、小学校は31・46%(13・55ポイント上昇)、中学校は54・63%(19・44ポイント上昇)、高校は65・98%(12・96ポイント上昇)だった。

 それ以前の統計を眺めると終戦まもない48年は「近視ある者」が18歳で男子12・16%、女子13・7…

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2440文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  3. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. シバザクラ 鮮やか、春色じゅうたん 高松で見ごろ /香川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]