メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康狂想曲

序章・日本人のカラダ/5 「近視ブーム」若者に猛威

目の検査をする木下望医師(左)=さいたま市浦和区の眼科クリニックで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 日本人と言えば眼鏡姿。世界からそんなふうに見られた時代もあった。今、目の良い人が周囲にどれだけいるだろうか。日本人の視力の実態は?

 ●室内生活の増加で

 2016年度の学校保健統計調査(速報)で「視力1・0未満」の割合は、現在の統計の取り方を始めた1979年以降、小中学校、高校ともに過去最悪となった。幼稚園は27・94%(79年比11・47ポイント上昇)、小学校は31・46%(13・55ポイント上昇)、中学校は54・63%(19・44ポイント上昇)、高校は65・98%(12・96ポイント上昇)だった。

 それ以前の統計を眺めると終戦まもない48年は「近視ある者」が18歳で男子12・16%、女子13・7…

この記事は有料記事です。

残り2121文字(全文2440文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]