メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日経済人賞

第一生命HD社長と中村ブレイス社長に

 第37回毎日経済人賞の受賞が決まった第一生命ホールディングスの渡辺光一郎社長(63)は、同社の株式上場を主導し、資金調達力を生かして海外事業の拡大を推し進めた。中村ブレイスの中村俊郎社長(68)は、先端技術を取り入れた義手・義足作りに取り組み、国内外で高い評価を得るほか、留学生受け入れなど社会貢献活動にも尽力した。

 100年以上続く第一生命保険の歴史でも、有数の巨大プロジェクトとなった2010年4月の株式会社移行と東証1部上場。その難事業を担当役員として一貫して主導し、達成と同時に社長に就任して体制強化にあたってきた。昨年10月には組織再編の総仕上げとなる持ち株会社への移行を果たし、人口減少と超低金利による運用難にさらされる生保業界の中で、社会の変革を先取りした経営を推し進めてきた。

 30代の頃から生保労連の幹部も経験するなど業界内外の課題に向き合い、上司・部下を問わず熱意にあふれて議論する様子から「熱血派」として知られてきた。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです