メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山電鉄

「よんたま、あなたを駅長見習いに任命する」

 和歌山電鉄は5日、雌猫の「よんたま」(0歳)を、伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山市)の駅長見習いに任命した。2015年に死んだ「たま駅長」の就任10周年記念という。

 たまの死後に別の駅に異動した「ニタマ駅長」の後任として水、木曜に勤務する。親会社の岡山電気軌道(岡山市)の「SUNたまたま」に続き、4…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです