メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通死

愛知の歩行者、泣いている 14年連続ワースト

信号機のない横断歩道で取り締まりに当たる警察官(右手前)=愛知県瀬戸市で2016年11月、野村阿悠子撮影

死亡事故原因、愛知は歩行者妨害の事故が多い傾向に

 愛知県内の昨年の交通事故死者は全国最多の212人で、14年連続で全国ワーストとなった。愛知県警によると、歩行者が横断歩道などを渡ろうとしているのに一時停止しない交通違反「歩行者妨害」による死亡事故が他の都道府県に比べて多い。県警は取り締まりを強化しているが、追いついていない形だ。【野村阿悠子】

 県警の発表では、昨年の愛知県の交通死亡事故は207件、死者212人で前年よりそれぞれ6件、1人減。…

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです