メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模湾沿岸地域ゆかりの名士展

徳富蘇峰記念館で開催 /神奈川

徳富蘇峰の長寿を祝う書軸なども展示されている

 徳富蘇峰記念館(二宮町二宮)で6日、「相模湾沿岸地域ゆかりの名士(西部編)」展が始まった。徳富蘇峰と交流があった政治家や文人らとの書簡や書軸などを中心に75点が紹介されている。

 小田原に住んだ政治家の山県有朋(やまがたありとも)、経済人の益田孝、熱海に居を構えた政治家の清浦奎吾の書軸を並べて展示。還暦(60歳)や古希(70歳)を祝ったもので親交の深さがよく…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです