メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
田中角栄・光と影

/5止 JR只見線・六十里越トンネル 「袋小路の村」に風穴 県境越え、住民の夢実現 /新潟

只見線の全線開通式でテープカットする田中角栄氏(右から3人目)=旧小出町の小出駅で1971年8月

 魚沼地域と福島県南会津地域とを隔てる標高800メートル超の「六十里越峠」。山腹を貫くJR只見線「六十里越トンネル」(全長約6・3キロ)の魚沼市側の入り口には、田中角栄元首相が揮毫(きごう)した「六十里越隧道(ずいどう)」の銘板がある。書が趣味だった角栄氏が、開通を記念して記したものだ。寒村の住民らが描いた夢は、その夢を背負った角栄氏の手によって実現した。

 旧入広瀬村(現魚沼市)職員だった大島覚(さとる)さん(78)は1970年9月、村と福島県只見町とを…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1638文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 河野外相が韓国内の日本製品不買運動に懸念表明

  3. 鳥取県がドラレコ購入に助成 あおり運転など抑止狙い 1台3000円補助 

  4. 大阪万博へ2025本の桜を植樹 府内各地に21年度から

  5. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです