メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/5止 JR只見線・六十里越トンネル 「袋小路の村」に風穴 県境越え、住民の夢実現 /新潟

只見線の全線開通式でテープカットする田中角栄氏(右から3人目)=旧小出町の小出駅で1971年8月

 魚沼地域と福島県南会津地域とを隔てる標高800メートル超の「六十里越峠」。山腹を貫くJR只見線「六十里越トンネル」(全長約6・3キロ)の魚沼市側の入り口には、田中角栄元首相が揮毫(きごう)した「六十里越隧道(ずいどう)」の銘板がある。書が趣味だった角栄氏が、開通を記念して記したものだ。寒村の住民らが描いた夢は、その夢を背負った角栄氏の手によって実現した。

 旧入広瀬村(現魚沼市)職員だった大島覚(さとる)さん(78)は1970年9月、村と福島県只見町とを…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京メトロ東西線 一時運転見合わせ 行徳駅で人身事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです