メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/5止 JR只見線・六十里越トンネル 「袋小路の村」に風穴 県境越え、住民の夢実現 /新潟

只見線の全線開通式でテープカットする田中角栄氏(右から3人目)=旧小出町の小出駅で1971年8月

 魚沼地域と福島県南会津地域とを隔てる標高800メートル超の「六十里越峠」。山腹を貫くJR只見線「六十里越トンネル」(全長約6・3キロ)の魚沼市側の入り口には、田中角栄元首相が揮毫(きごう)した「六十里越隧道(ずいどう)」の銘板がある。書が趣味だった角栄氏が、開通を記念して記したものだ。寒村の住民らが描いた夢は、その夢を背負った角栄氏の手によって実現した。

 旧入広瀬村(現魚沼市)職員だった大島覚(さとる)さん(78)は1970年9月、村と福島県只見町とを…

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1638文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]