メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小諸市古文書調査室

旧臨時図書館内に開設 市民の研究拠点に /長野

書架に収蔵した古文書入り段ボール箱を整理する職員=小諸市大手の市古文書調査室で

 小諸市教育委員会は同市大手の旧市臨時図書館内に「市古文書調査室」を開設した。江戸時代から栄えた旧北国街道沿いの庄屋や旧村部の大地主の古文書などを所蔵し、市民が地元の歴史を学んだり、研究したりするのに役立てる。

 古文書の保管・調査はこれまで、同市丁の市郷土博物館(休館中)が担っていたが、建物の老朽化のため、段ボール箱…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです