つま恋

「世界的リゾートに」 HMI社長、掛川市にあいさつ /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
握手を交わす比良竜虎社長(左)と松井三郎市長=掛川市役所で
握手を交わす比良竜虎社長(左)と松井三郎市長=掛川市役所で

 掛川市満水の旧ヤマハリゾートつま恋の施設譲渡先、ホテルマネージメントインターナショナル(HMI、本社・神戸市中央区)の比良竜虎(ひらりゅうこ)社長が6日、松井三郎市長へのあいさつで同市役所を訪れた。比良社長は「4月27日に本格オープンし、アジアの富裕層などを対象にした世界的なリゾート施設にしたい」と抱負を語った。

 比良社長は市長応接室で、報道陣を前に松井市長とにこやかに握手。この後約30分にわたり非公開で話し合った。会談後、報道陣の質問に答えた比良社長は「(つま恋は)音楽だけでなく文化やスポーツの聖地だ。敷地も広く多様な開発ができる。(静岡)空港を利用して海外から多くの利用者を呼び込める」などと、利用価値の高さを評価。「まず(既存施設の)リニューアルを行い、次に増設も考える」と積極的に投資する考えを明らか…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文584文字)

あわせて読みたい

注目の特集