メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

中華園2代目経営者・趙健次さん=1月1日死去・75歳 /熊本

父子2代で県民料理に

 澄んだスープとつやつやの春雨の上に野菜や卵、海鮮など色とりどりの具材をあしらった趙さんの太平燕は、食べる前に見て楽しむ喜びがあった。美しさの決め手はスープの透明感で、味わいも爽やか。趙さん自身が「発祥店」を自称することはなかったが、あのスープこそが太平燕の原点だった。

 太平燕は元来、趙さんの父慶餘さんが生ま…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです