連載

「鉄路の記憶・駅の表情」鹿児島

毎日新聞デジタルの「「鉄路の記憶・駅の表情」鹿児島」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

「鉄路の記憶・駅の表情」鹿児島

喜入駅 縁起担いで切符が人気 「合格祈願」など6種 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入場券をPRする看板と駅長の上之薗さん
入場券をPRする看板と駅長の上之薗さん

 JR鹿児島中央駅から指宿枕崎線の普通列車で45分ほど揺られると、喜入駅に到着する。同じ鹿児島市内にあるが、旅行客や買い物客で終日にぎわう鹿児島中央駅と違い、平日昼間の喜入駅は人影もまばらだ。ところが、新年や受験シーズンは縁起の良い駅名に引かれて入場券を手に入れようと大勢の人が訪れる。晴天の平日、喜入駅を訪ねてみた。

 暖かい日差しの中、折り返しの普通列車が午前11時6分に喜入駅に着いた。ところが、プラットホームには誰もいない。切符を受け取るためにホームに立っていた駅長の上之薗美明(よしあき)さん(68)は苦笑いした。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1030文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集