メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鉄路の記憶・駅の表情」鹿児島

喜入駅 縁起担いで切符が人気 「合格祈願」など6種 /鹿児島

入場券をPRする看板と駅長の上之薗さん

 JR鹿児島中央駅から指宿枕崎線の普通列車で45分ほど揺られると、喜入駅に到着する。同じ鹿児島市内にあるが、旅行客や買い物客で終日にぎわう鹿児島中央駅と違い、平日昼間の喜入駅は人影もまばらだ。ところが、新年や受験シーズンは縁起の良い駅名に引かれて入場券を手に入れようと大勢の人が訪れる。晴天の平日、喜入駅を訪ねてみた。

 暖かい日差しの中、折り返しの普通列車が午前11時6分に喜入駅に着いた。ところが、プラットホームには誰もいない。切符を受け取るためにホームに立っていた駅長の上之薗美明(よしあき)さん(68)は苦笑いした。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです