メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サンマ

また不漁 全国水揚げ過去最低 2年連続更新

過去最低を更新したサンマ漁=北海道根室市の花咲港で2016年9月、本間浩昭撮影

 2016年の全国のサンマ水揚げ量は10万9585トンで、2年連続で過去最低を更新したことが全国さんま棒受網漁業協同組合(東京都港区)のまとめで分かった。同組合が統計を取り始めた1981年以降、最も少なかった15年の11万2264トンを2679トン(2・4%)下回った。

 漁港別の水揚げ量は、北海道根室市の花咲港が前年比21・2%減の3万5276トンで7年連続の日本一。2位は大船渡港(岩手県)の1万3845トン(前年比1・2%増)、3位は女川港(宮城県)の1万3785トン(同46・…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです