ツキノワグマ

ヒヤリ! 出没件数、最多の1万7137件

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ツキノワグマの子グマ=岐阜県白川村で、宮田正和撮影
ツキノワグマの子グマ=岐阜県白川村で、宮田正和撮影

環境省が初の全国集計 「人を恐れないクマもいる…」

 本州のほとんどと、四国にすむツキノワグマの今年度(昨年11月まで)の出没件数は1万7137件で、2013年度以降では最も多かったことが環境省の調査で分かった。住民の目撃情報や足跡、フンなどの報告は各自治体がまとめているが、同省が過去分を含め、初めて全国集計した。餌となる木の実が豊作で個体数が増えたことや、地方の人口減少で人里に下りてくるクマが増えたことが原因とみられ、環境省は注意を呼び掛けている。

 調査は、ヒグマが生息する北海道や、ツキノワグマがいないとされる九州・沖縄地方と千葉を除く、37都府県の統計を環境省が集計した。13年度9133件▽14年度1万5981件▽15年度9597件▽今年度1万7137件--で、今年度は15年度より約1.8倍に増えた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文801文字)

あわせて読みたい

注目の特集