メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
福島原発事故

避難解除地域に役場、大熊町計画

大熊町の避難指示区域

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県大熊町が、避難指示区域のうち「居住制限区域」と「避難指示解除準備区域」について今秋の解除を目指していることが町への取材で分かった。実現すれば第1原発立地自治体で初のケースとなる。町は解除地域に「復興拠点」を設け、2019年度に町役場を新設する計画だ。

 町によると、住民が夜間、自宅に滞在できる「準備宿泊」を8月にも実施する意向だ。ただ、避難指示区域の3区分のうち最も放射線量が高く、事故前に町民の大半が暮らしていた「帰還困難区域」は対象外となる。

 居住制限区域と避難指示解除準備区域の多くは山林で、事故前に町民が住んでいたのは大川原と中屋敷の2地…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文691文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです