メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

決勝 東福岡3冠懸け、仰星5度目V狙い

 第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教育委員会主催、神戸製鋼グループ、毎日放送特別協賛)は最終日の7日午後2時5分から東大阪市花園ラグビー場で決勝があり、前回大会優勝の東海大仰星(大阪第1)と前々回大会を制した東福岡が対戦する。東海大仰星は5回目の優勝、第89~91回(2009~11年度)に東福岡が3連覇を達成して以来延べ12校目の大会連覇を狙う。東福岡は6回目の優勝のほか、2季ぶりに全国選抜大会、全国7人制大会と合わせた「高校3冠」も懸かる。両校の全国高校大会での対戦は4大会連続8回目で、過去は東海大仰星の4勝3敗。両チームは6日、最終調整を行った。

 東福岡・藤田雄一郎監督 前回は2点差で敗れた。先取点を取って、陣地を獲得しながら(相手が)追いかける形にしてほしい。リードされても、6点差までにしてほしい。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです