メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定・かながわ遺産

/5 鎌倉広町緑地 里山の魅力が凝縮 自然に寄り添う都市公園 /神奈川

 鎌倉市南西部、七里ガ浜を望む高台に「住宅地に囲まれた大自然」がある。東京ドーム10個分の敷地(48ヘクタール)には、スダジイの自然林、ホタルが舞う湿地のほか、小さな田畑があり、絶滅が心配されるホトケドジョウが生息している。名前は「鎌倉広町緑地」。観光客は立ち寄らない古都の秘境である。

 「目線をぐっと下げると、生き物の小宇宙が見えてきますよ」

 管理人で絵本作家の向田智也さん(44)=同市坂ノ下=が小川をのぞき込みながら微笑を浮かべた。スケッチブックには精緻な線でサワガニとエビが描かれている。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1198文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです