メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙を見上げて

/7 宇宙食にマルコメみそ 厳しい審査に挑戦続く /長野

宇宙日本食の候補に選ばれた乾燥タイプのみそを持つマルコメ商品開発課の武田昌彦主任=長野市のマルコメ本社で

 <宇宙(そら)を見上げて>

 信州発のみそが宇宙へ行く日が来るかもしれない。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2014年9月、宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)で食べる「宇宙日本食」の候補に33品目を選んだ。その中に長野市の老舗みそメーカー「マルコメ」のみそ汁が名を連ねた。

 宇宙での「食」は、閉鎖空間にいる宇宙飛行士のストレスを和らげる非常に重要な要素だ。日本人宇宙飛行士に日本食を楽しんでもらおうと、JAXAは食品メーカーに募集をかけ、ここ10年ほどで宇宙日本食の種類を充実させている。これまでおにぎりやサバのみそ煮、カレーなど30品目を認証。川上村出身の宇宙飛行士、油井亀美也さん(46)も「日本食は他国の飛行士にも人気だった」と帰還後に話すなど評判は上々だ。

 JAXAは13年、メニューになかったみそ汁などの宇宙日本食を新たに募集し、マルコメが応募。宇宙へ行…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文977文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです