メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいち・山車文化を支える

祝!無形遺産/6止 尾張津島天王祭(津島市・愛西市) 男衆らで維持 /愛知

 祭りは、まきわら舟で有名な旧津島5村による宵祭と、翌朝に旧市江村(現在の愛西、弥富両市の旧7村の総称)と旧5村の車楽(だんじり)舟が登場する朝祭などからなる。津島、愛西両市の関係者がそれぞれに伝統の継承に努める。【河部修志】

 津島側では1965年に津島神社奉賛会(現在の尾張津島天王祭協賛会)が結成され、市内の各小学校区単位で市民が運営に関わるようになった。車楽舟の一つ「下構(しもがまえ)車」の運航を20年前から担当する「祝司(しゅくじ)」の山田信秀さん(59)は、舟の組み立てやちょうちんの飾り付けなどを管理するが「全て口伝えによる祭りの準備は、協賛会の手で受け継がれており、皆が祭りに携わっていることを誇りに思っている」と話す。

 愛西側では、朝祭に登場する車楽舟「市江車(いちえぐるま)」の保存に、市江車保存会が取り組む。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです