メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

コシヒカリ 「越の国」で輝き願い

福井県の農業試験場で栽培されているコシヒカリ=同県提供

 戦前、新潟県の農業試験場で病気に強いコメと味の良いコメを掛け合わせたものを戦後、福井県が受け継ぎ、新たな品種として育てたのがコシヒカリだ。

 当時、各県が県内農家に栽培を奨励するコメの品種を決める際、国にそのブランド名を登録する制度があった。新潟県などが奨励品種とした1956年、福井県がコシヒカリと命名して登録。福井の旧名「越前」や新潟の「越後」など、「越(こし)の国で光り輝くように」との願いをこめたという。

 コシヒカリの特徴は、甘さや粘り気があって味が良いこと。戦後まもない食糧難の時代には収穫量が重視され…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文577文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです