メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

コシヒカリ 「越の国」で輝き願い

福井県の農業試験場で栽培されているコシヒカリ=同県提供

 戦前、新潟県の農業試験場で病気に強いコメと味の良いコメを掛け合わせたものを戦後、福井県が受け継ぎ、新たな品種として育てたのがコシヒカリだ。

 当時、各県が県内農家に栽培を奨励するコメの品種を決める際、国にそのブランド名を登録する制度があった。新潟県などが奨励品種とした1956年、福井県がコシヒカリと命名して登録。福井の旧名「越前」や新潟の「越後」など、「越(こし)の国で光り輝くように」との願いをこめたという。

 コシヒカリの特徴は、甘さや粘り気があって味が良いこと。戦後まもない食糧難の時代には収穫量が重視され、味は二の次だった。だが高度成長を経て生産量が需要を上回るコメ余りの時代に転じると、消費者も品種や産地を選んで購入するようになった。コシヒカリはこの時流に乗り、各地で栽培されるようになった。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです