メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蛭子さんの自由が一番

うれしい年賀状=蛭子能収

 <くらしナビ ライフスタイル>

 2016年が終わって2017年になった。私の机の上にドカッと置かれている年賀状。いつか返事を書いて出さなければと思って取っているが結局、去年は一枚も返していない。

 もともと年賀状を書くのは好きだったのだが、それは10枚から20枚くらいしかもらってない頃の話だ。一人一人の顔を思い浮かべ、この人ならこんなイラストと簡単な文章、と楽しく描いていた。しかし50枚から100枚くらいに増えてゆくと、すごく面倒になってしまった。他に仕事のイラストも描いたりと、先にやらなければならない作業をこなしていると年賀状を書くのがどんどん遅くなり机の上に返事を出してない年賀状が300枚くらいたまってしまったのである。実は今年も一枚も書いてなく出していない。

 そのくせ、1月1日に年賀状が届くのを楽しみにしている。知人がどんな感じの年賀状をくれるのかワクワク…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1213文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです