メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

加藤陽子・評 『「百学連環」を読む』=山本貴光・著

 (三省堂・3456円)

学問の大事さ思う「私流講書始」

 昨年8月刊行のこの本を、年初に紹介しようとするのには理由がある。宮中行事「講書始の儀」になぞらえ、明治期の知の巨人・西周(にしあまね)の書「百学連環」が包含する世界を、ゲームクリエイターにして文筆家の著者に講じて貰(もら)おうという寸法だ。むろん講書始は、天皇が和漢洋の碩学(せきがく)から話を聴く儀式だから、それに擬すのは不遜に違いない。だが、学問の大事さを年初に思うには、私流講書始があってもよいのではないか。

 西周とはどんな人か。明治軍制の設計者としては、まず山県有朋の名が挙がるだろう。その山県が軍人勅諭起…

この記事は有料記事です。

残り1208文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです