メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『草花たちの静かな誓い』 著者・宮本輝さん

宮本輝さん

 (集英社・1836円)

人知を超えた生命の営み 宮本輝(みやもと・てる)さん

 小説の舞台は、米ロサンゼルスの最高級住宅街。行方不明になった少女の消息を追うという、これまでの宮本文学とは趣が異なる、謎解きやミステリーの要素を多く含んだ一作だ。

 「僕の得手な分野ではないですが、何か事件を起こさなければ成立しない物語だったんです。ミステリーはあくまでも道具立てですね」と背景を語った。

 30代前半の小畑弦矢は、急死した叔母の菊枝から莫大(ばくだい)な財産を譲渡された。同時に叔母は6歳…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです