メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

痛風

原因遺伝子、新たに5種類 防衛医大など発見、予防や治療に近づく

 激しい関節痛を生じる痛風の原因となる遺伝子を新たに5種類発見したと、防衛医大(埼玉県所沢市)や理化学研究所などの共同研究グループが英医学誌に発表した。近年、痛風の発症は、遺伝子変異との関連が指摘されている。今回の発見は痛風の診断・治療への遺伝子応用に、より近づく成果だという。

 防衛医大分子生体制御学講座の松尾洋孝講師と中山昌喜医官らは、男性の痛風患者2341人と、健康な男性2481人の遺伝子の違いを詳しく調べた…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  4. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです