メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

達医

がん予防、2段構えで 土屋了介・神奈川県立病院機構理事長

=中村藍撮影

 高額な治療薬の登場など、がんに関する情報やニュースに接する機会が増えている。治療に関心が向きがちだが、生活習慣の見直しや検診など、日ごろからの予防も重要だ。がん予防の基礎知識について、国立がんセンター(現国立がん研究センター)中央病院長などを歴任した土屋了介・神奈川県立病院機構理事長(胸部外科学)に聞いた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2004文字(全文2164文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです