メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米見本市

AI家電「御用聞き」…アマゾン声認識、存在感

音声でネットショッピングができるLG電子の冷蔵庫=米ラスベガスで6日、清水憲司撮影

 【ラスベガス清水憲司、土屋渓】米ラスベガスで開催中の世界最大の家電・IT見本市「CES」で、人工知能(AI)を活用した電化製品が注目を集めている。特に存在感を増しているのが米ネット通販大手アマゾンのAI「Alexa(アレクサ)」で、人間の声を認識し、指示に基づいてさまざまな機器を制御する。アマゾンは技術を公開して活用する企業を増やし、次世代家電の中核技術に育てる戦略を取る。

 「アレクサ、部屋の温度を22度にしておいて」。米自動車大手フォード・モーターの新型カーナビに呼びかけると、家に着く頃には部屋が暖かくなるよう、インターネットでつながった自宅の暖房装置を起動させる。目的地の設定や道路の混雑状況も音声だけで確認できる。アレクサに対応した技術で、年内にも販売する。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです