防衛産業

利益誘導、監視が必要…自民献金けん引

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本防衛装備工業会会員企業の主な献金額の推移
日本防衛装備工業会会員企業の主な献金額の推移

解説

 自民党の政治資金団体「国民政治協会」の大口献金者には、日本防衛装備工業会(JADI)の加盟社が目立つ。協会への企業献金は全体的に復調傾向にあるが、JADI加盟社を含む防衛産業がけん引している面がある。加盟社は政権与党時代の旧民主党にはほとんど献金をせず、自民党に支援を絞っていることも特徴だ。

 2015年の政治資金収支報告書によると、川崎重工業は300万円を同協会に献金。同社は15年度に哨戒機20機など総額2778億円の防衛装備品を納め、防衛装備庁と防衛省の受注額トップだった。JADI会長を輩出している三菱重工業(15年の献金額3300万円)や富士重工業(同2670万円)は協会への献金額が以前…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文757文字)

あわせて読みたい

注目の特集