メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

東福岡逃げ切り3冠…展開ラグビー取り戻す

【東福岡-東海大仰星】後半13分、自陣ラックから展開し、独走でトライを決める東福岡CTB堀川=川平愛撮影

 高校ラグビー界をけん引する両雄の激突は、前々回王者の東福岡が前回覇者の東海大仰星(大阪第1)を28-21で振り切り、「高校3冠」に輝いた。計5試合を戦った東福岡は自チームが前々回大会でマークした大会最多総得点298を更新する311点を挙げた。歴代6位の通算大会勝利数は節目の70に伸ばし、都道府県別で5位の福岡県勢の優勝回数は10となった。東海大仰星は東福岡との決勝では第91回大会(2011年度)に続いて敗れ、初の連覇を逃した。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです