メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

痛み何の、60m独走…東福岡CTB

【東海大仰星-東福岡】 前半、タックルを振り切り先制のトライを決める東福岡CTB森=東大阪市花園ラグビー場で2017年1月7日、幾島健太郎撮影

 ○東福岡28-21東海大仰星●(7日・決勝)

森勇登(3年)…東福岡・CTB

 左足の痛みを感じさせない約60メートルの独走トライだった。前半19分。自陣10メートルでロック箸本からのパスをこぼしたが、すぐさま拾い上げると一気に走り出した。軽快なステップを刻んで1人、2人とかわし、最後はタックルしてきた相手を右手で押しのけインゴールに飛び込んだ。

 相手の防御網を破れない苦しい展開の中、主導権を握る貴重な先制トライ。ただ、体は悲鳴を上げていた。準決勝で左足首を捻挫。左膝も痛めて途中交代した。初めての大きなけがだったが、藤田監督からは「決勝は死んでも出す」と絶大な信頼の言葉を贈られ、意地を呼び起こした。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです