メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松戸市七草マラソン

冬空の下、健脚披露 5384人が完走 /千葉

松戸市七草マラソンで一斉にスタートする小学男子高学年2キロの部に参加した選手たち=松戸運動公園で

 第62回松戸市七草マラソン(市体協、市教委主催、毎日新聞社共催)が8日、松戸運動公園陸上競技場を発着点として開催された。薄日が差す穏やかな冬空の下、参加したランナーは沿道の声援を受け、健脚を披露した。今回は2020年東京五輪・パラリンピックで松戸市がホストタウンとして迎えるルーマニアのタティアナ・ヨシペル駐日大使ほか大使館員や五輪出場が期待されている同国若手陸上選手らが参加して大会を盛り上げた。

 開会式では、ファミリーの部に出場する榊原守弥さん(41)と陽輝(はるき)さん(8)が「新春のさわやかな風となり、楽しく、元気よく、最後まで精いっぱい走り抜くことを誓います」と選手宣誓。小学5・6年2キロの部を皮切りに、15種目に分かれてスタートし、計5384人が完走した。上位入賞者には賞状やトロフィーなどが贈られた。【橋口正】

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです