メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/6止 辛み強く、病気に弱い練馬大根 未来へ残せ、伝統野菜 /東京

引っこ抜き競技大会で土から抜かれた直後の練馬大根=練馬区中村南1の畑で

 師走4日、マンションに囲まれた練馬区中村南1、神田耕(こう)さん(75)の練馬大根畑で、イチョウ切りにした大根がたっぷり入った「すずしろ汁」が無料で振る舞われていた。大根おろしもたっぷりのせたみそ仕立て。ピリッとした辛みで、体も温まる。

 畑では、穏やかな晴天の下、約600人が参加し、10年目を迎えた「練馬大根引っこ抜き競技大会」の真っ最中だ。

 「重くて抜けないよー」「わあー大きい」

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1249文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです