メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認定・かながわ遺産

/6 小田原・銭湯「中嶋湯」 地域に愛され82年 「客との支え合い」励みに /神奈川

鮮やかな富士山の絵が人気=小田原市中町で

 ちょっと腰をかがめて、のれんをくぐればまるで一昔前にタイムスリップしたかのようだ。JR小田原駅から徒歩10分ほどの小さな銭湯「中嶋湯」。創業80年を超え、小田原市内で唯一の銭湯となった今も地域で愛される老舗だ。

 「いらっしゃいませ、ごゆっくりどうぞ」。入り口の番台で、「おかみさん」の加藤ハル子さん(80)が笑顔で出迎える。脱衣所の木の柱や、ほんの少しゆがんだように映る壁の大きな鏡は、創業以来の年代物。30円で使えるドライヤーは、機嫌が良いと20円で動く時もあるらしい。浴室の壁を彩る富士山のペンキ絵は、一昨年絵師が描き直したばかり。棚には常連さんが置いていく入浴グッズがずらりと並ぶ。

 中嶋湯は、1934年12月に開業。同年に生まれたのが、今では客に「お父さん」と慕われる加藤寛さん(…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです