メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性暴力

当事者と記者が協議 被害の実態、伝え方指針公表

真剣な表情で話し合う山本潤さん(右)ら「性暴力と報道対話の会」のメンバー=東京都渋谷区で2016年12月14日

 性暴力の被害に遭った人たちを取材する報道関係者が気をつけるべきこと、逆に当事者が取材を受けるときに知っておくとよいことをまとめた小冊子ができあがった。報道関係者と当事者が話し合ってまとめたもので、インターネット上に公開され、誰でも読むことができる。実態をきちんと伝えることで、性暴力被害をなくそうという願いが込められている。【本橋由紀】

 「性暴力被害取材のためのガイドブック」と名付けられた小冊子は、報道関係者と当事者の双方が取材にあた…

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1678文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]