連載

くらしナビ・学ぶ

英語でのNews紹介や、学生生活事情、大学の名物教授紹介など旬の話題を拾います。

連載一覧

くらしナビ・学ぶ

道徳成績評価、教員に戸惑い 正式教科に格上げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「道徳の教科化を考える会」は学習会で子どもの内面を評価する難しさを話し合っている=東京都国分寺市の国分寺労政会館で
「道徳の教科化を考える会」は学習会で子どもの内面を評価する難しさを話し合っている=東京都国分寺市の国分寺労政会館で

 「教科外の活動」として成績評価の対象外だった道徳は小学校で2018年度から、中学校で19年度から正式教科に格上げされる。文部科学省は成績評価を数値ではなく「記述式」としたが、子どもたちの心の内面を成績として評価することに、教員たちの戸惑いは消えていない。

 ●困難乗り越える話

 東京都荒川区立第二瑞光(ずいこう)小で昨秋、保護者や地域の人たちに公開された道徳の授業。1年生の教材は「がんばれポポ」だった。タンポポの綿毛のポポは家族の元を離れ飛び立ったが、スズメにつつかれてたどり着いたのは岩の上。暑くなったり寒くなったりする困難を乗り越え、再び飛んで野原できれいな花を咲かせる物語だ。

 「『おかあさん』と言いながら(家族の元を)飛び出したポポはどんな気持ちだった?」。担任の女性教諭が質問を投げかけると子どもたちは次々に手を挙げ、黒板の前に出てきて発表した。「かなしい」「さみしい」「うーん、ふくざつ……」。教諭は子どもたちの言葉に共感しながら一つ一つを黒板に書き留めていった。

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2421文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集