メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

雇われず稼ぐ人を支援

UZUZのオフィスで記事の書き方を話し合うあおみゆうのさん(左)と浦川俊平さん=東京都新宿区で

 インターネットを通して個人が仕事を受注できるクラウドソーシングの普及で、雇われずに働くことが広まってきた。個人事業主とみなされ労働法の保護の対象とされないなど会社勤めに比べ不利な面はあるが、環境を整える動きも進む。

 ウェブライターの浦川俊平さん(27)は大学卒業後、書店の正社員やアルバイトを経てフリーランスで働く。学生時代は会社勤めをすることしか考えなかったが、約4年前、働き方をテーマにした催しに参加したのを機に仕事を受けるようになり、今は月15万~20万円の収入を得る。この働き方を続け海外で暮らすのが希望だが悩むこともある。報酬は妥当か、自分の原稿の水準は客観的にみてどうか、発注者との連絡の頻度は……。同じ立場の人との接点を求めていた時、若手専門の人材紹介会社UZUZ(ウズウズ、東京都)が昨夏始めた「UZUZ編集部」と出合った。

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです