メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
影山貴彦のテレビ燦々

紅白歌合戦と不寛容な時代 やわらかさとしなやかさ必要

 NHK紅白歌合戦を毎年見る。出場順の書かれた新聞を手に、番組全てを見る。普段はテレビのリモコンを手に、やたらとチャンネルを変えて家族から文句を言われる私だが、紅白に関してはそれがない。

 視聴率のわずかな増減さえ話題になる紅白だが、そもそも毎年驚異的な数字を記録している。国民的番組と呼ばれ続け、67回もの歴史を刻んでいるのだ。関係者は大いに胸を張っていい。ライバルであるはずの民放各局がこれほど宣伝を後押しする番組は他にない。

 今回司会を務めた白組の相葉雅紀、紅組の有村架純、そして総合司会の武田真一アナウンサーの3人がとても…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文728文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです