メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いま私は@熊本

熊本地震 ’17ハタチの決意

 発生から間もなく9カ月となる熊本地震の被災地でも8日、成人式が開かれ、新成人たちが社会への一歩を踏み出した。古里が元気な姿を取り戻すために自分にできることは何なのか--。熊本県阿蘇市・益城(ましき)町・西原村の式典会場で、復興に向けた「二十歳の誓い」を聞いた。

地震前の元気、少しでも 阿蘇市、会社員、坂井志帆さん(20)

 熊本地震で自宅に被害はありませんでしたが、職場がある西原村につながる俵山トンネルが使えなくなるなど、通勤が大変でした。そのトンネルも昨年12月に開通し、少しずつ復興に向かっている部分はあります。しかし、いまだに観光客は少なく、阿蘇の元気は感じられません。震災前の元気を取り戻すよう願うと同時に、自分も社会人として一生懸命働き、復興に少しでも貢献したいと思います。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです