カジノ法

自民がパンフ作製も「何で…」と風当たり厳しく

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
統合型リゾート(IR)によるカジノ解禁の概要
統合型リゾート(IR)によるカジノ解禁の概要

1枚紙 年末年始に地元回った議員「説明に苦労した」

 自民党が「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)への理解を深めようと、有権者向けにパンフレットを作製し、所属国会議員や各都道府県連に配布した。ギャンブル依存症対策などを明記し、カジノへの不安を払拭(ふっしょく)する狙い。ただ、年末年始に地元を回った所属議員からは「説明に苦労した」との声も出ている。

 パンフレットは1枚紙で、IRの利点として地域経済や地方財政への寄与などを挙げた。そのうえで▽立地地域は全国数カ所に限られる▽厳格な入場規制で反社会勢力を排除する--などと説明した。秋の臨時国会で「審議時間が短い」と批判を浴びたことについては、超党派の議員連盟による議論を重ねて法案を国会提出した経緯を記し、理解を求めている。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文580文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集