メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法

自民がパンフ作製も「何で…」と風当たり厳しく

統合型リゾート(IR)によるカジノ解禁の概要

1枚紙 年末年始に地元回った議員「説明に苦労した」

 自民党が「統合型リゾート(IR)整備推進法」(カジノ法)への理解を深めようと、有権者向けにパンフレットを作製し、所属国会議員や各都道府県連に配布した。ギャンブル依存症対策などを明記し、カジノへの不安を払拭(ふっしょく)する狙い。ただ、年末年始に地元を回った所属議員からは「説明に苦労した」との声も出ている。

 パンフレットは1枚紙で、IRの利点として地域経済や地方財政への寄与などを挙げた。そのうえで▽立地地…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 阪神大震災25年 父を失った。でも出会った人がいる 尼崎市の小島汀さん、竹灯籠に「結婚したで」

  4. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

  5. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです