メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

The NET 網に囚われた男

「人間たらしめるもの」問う中に感じる優しさ

 キム・ギドクの最新作。カンヌ、ヴェネチア、ベルリン、三つの映画祭で受賞した韓国を代表する監督ですね。ただ、近作の「メビウス」を典型として、これまでの作品では残酷なシーンがたくさん出てくるので、観客の感情移入を誘うどころかそれを拒むような印象がありました。

 ところがこの「The NET」は、主人公の気持ちになって見てしまう。さらに、朝鮮半島の南北分断が背景にあるのに、政治をテーマとする映画につきまとう説教臭さを感じない。感情移入するキム・ギドク映画という、ほとんど言葉の矛盾のような作品です。

 ナム・チョルは、妻と幼い娘の3人で暮らす、北朝鮮の漁師。南北朝鮮の国境近くで暮らしていますが、ある…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです