メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

縁起の良い“鳥”紹介 屏風やおもちゃ 来月まで県立歴史博物館 /福井

えとの酉にちなんだ企画展で展示されている「架鷹図屏風」=福井市大宮2の県立歴史博物館で、近藤諭撮影

 今年のえとの酉(とり)にちなんだ企画展「干支(えと)の酉 鶏と吉祥の鳥たち」が県立歴史博物館(福井市大宮2)で開かれている。2月26日まで。

 同館では、2004年から毎年、えとにちなんだ企画展を開催。今回は、ニワトリをはじめ、縁起の良い鳥とされている鷹(たか)や鶴を題材にした屏風(びょうぶ)やおもちゃなど約260点を展示している。

 江戸時代初期に三代にわたって活躍した敦賀市の鷹絵師、橋本長兵衛の作品、架鷹図屏風(かようずびょうぶ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです