国立環境研究所

一部移転で県・環境省と連携協定 湖沼研究発展へ期待 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国立環境研究所(茨城県つくば市)の一部が来年度に県琵琶湖環境科学研究センター(大津市柳が崎)へ移転することについて、県と環境省、同研究所との3者で連携協力に関する協定を締結する。三日月大造知事が発表した。締結式は来月の予定。

 移転して設置されるのは同研究所琵琶湖分室(仮称)。職員数は10人程度で県…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

注目の特集