メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

日本式温浴 サービス充実、都市部続々開業 「商標無断使用」トラブルも

中国内陸部の武漢にオープンした極楽湯の直営店。週末には入場制限がかかるほどの人気だ=中国・武漢市で、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】中国で日本式の温浴施設の人気が高まっている。最近の日本旅行ブームも追い風となり、ゆっくりと風呂につかる文化が都市部を中心に浸透中だ。一方、上海では日本の有名温浴施設の名前をかたった施設がオープンするなど、過熱気味の人気がトラブルに発展するケースも出ている。

 「いらっしゃいませ」。日本の温浴施設大手「極楽湯」(本社・東京)が昨年11月に中国内陸部の武漢にオープンした店舗に入ると、日本語で従業員からあいさつを受けた。畳敷きの休憩室では、風呂上がりの来館者が横になってくつろいでいる。「お風呂を含め、どこもきれいで驚いた」。1歳になる長女と妻の3人で訪れた王奇さん(30)は、満足そうに語った。

 同社は2013年に上海に進出し、日本式温浴施設ブームに火を付けた。武漢は三つ目の直営店で、今年は中…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1104文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです