メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

日本式温浴 サービス充実、都市部続々開業 「商標無断使用」トラブルも

中国内陸部の武漢にオープンした極楽湯の直営店。週末には入場制限がかかるほどの人気だ=中国・武漢市で、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】中国で日本式の温浴施設の人気が高まっている。最近の日本旅行ブームも追い風となり、ゆっくりと風呂につかる文化が都市部を中心に浸透中だ。一方、上海では日本の有名温浴施設の名前をかたった施設がオープンするなど、過熱気味の人気がトラブルに発展するケースも出ている。

 「いらっしゃいませ」。日本の温浴施設大手「極楽湯」(本社・東京)が昨年11月に中国内陸部の武漢にオープンした店舗に入ると、日本語で従業員からあいさつを受けた。畳敷きの休憩室では、風呂上がりの来館者が横になってくつろいでいる。「お風呂を含め、どこもきれいで驚いた」。1歳になる長女と妻の3人で訪れた王奇さん(30)は、満足そうに語った。

 同社は2013年に上海に進出し、日本式温浴施設ブームに火を付けた。武漢は三つ目の直営店で、今年は中国企業とフランチャイズ契約を結び、さらに2店舗を展開する予定だ。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです