メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
有田焼

強度5倍、70センチ落下割れず 特許出願中

高さ20センチから落として割れた一般的な磁器(左)と割れなかった「世界最強磁器」=関東晋慈撮影

 有田焼の産地、佐賀県有田町にある県窯業技術センターが、一般的な磁器より最大5倍の強度を持つ「世界最強磁器」の開発に成功した。有田焼創業400年事業の一環で特許を出願中。デザイン性と強度を両立させてレストランや旅館、学校給食などに使う業務用食器として商品化し、有田焼の新市場開拓につなげたい考えだ。

 センターによると、磁器は、成形性を与える粘土と、骨格をつくる石英、ガラス質をつくる長石が主な原料。焼き固めると石英の粒子のすき間をガラス質が埋める構造になる。

 これまでの強化磁器では、石英の代わりにファインセラミックスのアルミナ粒子を用いることで強度を高めて…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです