メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備蓄クラッカー

「もったいない」 東京都が無償配布へ

東京都が災害に備えて保管していたクラッカーを受け取る人たち=東京都千代田区で2017年1月9日、佐々木順一撮影

2月末が賞味期限の10万食分

 食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」の削減と、防災意識向上を目的に、東京都は9日、賞味期限が迫った防災用の備蓄クラッカーの無償配布を始めた。配布するのは2月末が賞味期限のクラッカー約10万食分で、都内のイベント会場や都立上野動物園、多摩動物公園で配ることを予定している。

 都は災害発生時に区市町村が住民に配布する非常食が足りなくなる事態を想定し、カップラーメンやアルファ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 訃報 高木守道さん 78歳=元プロ野球中日二塁手

  3. 「桜」名簿管理巡り内閣府幹部6人を厳重注意処分 公文書管理法違反

  4. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです