メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Mストリープさん

名指し避け、受賞演説でトランプ氏批判

 【ロサンゼルス長野宏美】米ハリウッドの映画賞でもトランプ次期米大統領が話題の的になった。第74回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)の授賞式が8日、カリフォルニア州ビバリーヒルズであり、長年にわたって映画界に貢献した人に贈られる特別賞「セシル・B・デミル賞」を受賞した女優のメリル・ストリープさん(67)が受賞演説で名指しを避けながらトランプ氏を批判した。

 ストリープさんは主催団体の名称「ハリウッド外国人記者協会」をなぞって、今の米国社会で最も中傷に遭っているのは「ハリウッド、外国人、プレス(記者)だ」と強調。「ハリウッドはアウトサイダー(部外者)や外国人だらけだ」と語り、排外主義を唱えるトランプ氏を皮肉った。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです