メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年のキーワード

野口悠紀雄さん「トランプ・バブルに熱狂するな」

 シリコンバレーのハイテク企業と、ピッツバーグやデトロイトの製鉄所や自動車組み立て工場など「古い」製造業の労働者。分断された「二つの米国」を浮き彫りにしながら昨年11月の大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏が20日に第45代大統領に就任する。選挙戦中に「不法移民の流入を防ぐため、メキシコ国境に巨大な壁を造り、建設費をメキシコ側に負担させる」などの過激な主張を繰り返していたが、選挙後はニューヨーク・ダウ工業株30種平均が買われ、ドル高・円安に伴って日経平均株価も大きく上昇して「トランプ・バブル」の様相を呈している。日本の週刊誌の中にも、早々と「1980年代のバブル期のような祭りの再来」とはやす特集記事が出てきた。さて今年2017年は、こうした状況が続くのだろうか。

 大統領選中のトランプ氏の公約には実現が難しいとみられてきたものも多い。だが、米自動車大手フォード・モーターのメキシコでの新工場建設計画を強く批判して、新年早々にこれを撤回させ、その「力」を見せつけた。トヨタ自動車がメキシコで進める新工場建設についても「あり得ない! 米国に建設しろ。さもなければ多額の関税を支払え」とツイートしており、メキシコで生産する日本車メーカー各社に影響は及びそうだ。

この記事は有料記事です。

残り6386文字(全文6918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  5. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです