歌舞伎

壽初春大歌舞伎/新春浅草歌舞伎 親子の情愛見せた「沼津」=評・水落潔

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「壽初春大歌舞伎」(歌舞伎座)の昼の最初は真山青果作「将軍江戸を去る」。染五郎が思いの通じぬ苛(いら)立ちと、民のため江戸を去る決意をするまでの将軍慶喜の姿を品位を持って見せ、愛之助が山岡を熱っぽく演じ台詞(せりふ)劇の面白さを出した。中幕は「大津絵道成寺」。愛之助が大津絵の素材の五つの役を早替わりで踊り分ける。最後が「沼津」で吉右衛門の十兵衛、歌六の平作、雀右衛門のお米が、敵味方に分かれたため晴れて名乗れぬ親子の義理と情愛をしっとりと見せ優れた舞台になった。

 夜の最初は北條秀司作「井伊大老」で幸四郎の直弼、玉三郎のお静。「桜田門外の変」の前夜、2人が死の予感の中で、昔語りをする場面に詩情と人生の無常が漂う。歌六、染五郎らも好助演。中幕は富十郎追善で息子の鷹之資が「越後獅子」を軽快に踊り、玉三郎の「傾城(けいせい)」が艶やか。最後が「松浦の太鼓」で染五郎が赤穂義士の討ち入りを待ちわびる松浦候の人柄を愛嬌(あいきょう)たっぷりに見せ、左團次、愛之助、壱太…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文665文字)

あわせて読みたい

注目の特集