メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世田谷区新庁舎

10月にも設計者決定 基本構想を公表 /東京

 建築家の故前川国男氏が設計し、老朽化で建て替えが検討されている世田谷区庁舎について、保坂展人区長は10日の記者会見で「50年以上区民に親しまれてきた空間特質の継承」などを盛り込んだ基本構想を公表した。深尾精一・首都大学東京名誉教授ら7人をメンバーとする審査委員会で設計者の提案を検討のうえ、区が10月にも設計者を決める。

 前川氏は、世界文化遺産に登録された国立西洋美術館(台東区)の基本設計を手がけたフランス人、ル・コルビュジエの弟子で、同美術館の実施設計を担当するなど、日本の近代建築史に大きな足跡を残した。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです